2012年08月16日

2012年05月21日

ドラクマゲドン


ドラクマゲドンか、
上手い事いうな。

関心してる場合じゃないけど。

続きを読む

2012年01月08日

ユーロ急落の本当の理由

ユーロ急落の本当の理由

闇株新聞っていつもスルドイとこ、ついている。
続きを読む

2012年01月01日

ユーロ¥100割れ


ユーロ¥100割れって言っても驚きはないんだけど。

まだまだユーロは売られそうだなぁ。
続きを読む

2011年09月07日

スイス国立銀行が、無制限為替介入

スゴイな。スイス。

流通量が少ないとはいえ、
他の国にはマネが出来ないな。

コレ、金本位制崩壊、プラザ合意、
ポンドのユーロ離脱並みに歴史に残る事件だ。

スゴイものをリアルタイムで見た。続きを読む

2011年08月13日

人民元FX


“人民元FX”は使えるか?
続きを読む
ラベル:人民元

2011年06月04日

ドルちゃん、弱いなぁ

NY外為市場=ドルが下落、予想下回る雇用統計が重し続きを読む

2011年05月05日

円高 ドル安

今回のドル全面安はちょっとスゴイんじゃないか?

コレは、明らかにQE2の弊害だな。

連休が相場の分岐点って事、
ホント、よくあるよな。続きを読む

2011年01月22日

ワル銀行マンが増えてきた。

「パワー・リバース・デュアル・カレンシー(PRDC)債」と「フラット為替」(長期先物予約)

仕組みも理解できないはずなのに、買うほうも悪いと思うが、
これまた仕組みを理解しきれていないドサ周りの営業マンが、
優越的地位の乱用で強引に販売するのは極悪と言える。

最近はワル証券マンが減ったと思ったら、
今度はワル銀行マンが増えてきた。


パワー・リバース・デュアルカレンシー(PRDC)債
http://z400fxfx.seesaa.net/article/115028864.html続きを読む

2010年12月25日

円 ドルの見通し 2011年

2011年のドル/円については、米景気の緩やかな回復を背景に米連邦準備理事会(FRB)の緩和スタンス後退が徐々に視野に入るため、年末にかけてドルは90─95円程度まで上昇するとみる声が多い。 
http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPJAPAN-18777720101224

「米国の家計のバランスシート調整は住宅ローンを中心に負債が減少、金融資産が増加と徐々に改善しており、失業率は高水準だが、失業保険給付期間の延長継続が決定したことで、2011年も所得水準は大きくは落ち込まないことが見込まれる。結論として、2011年にQE3が実施される可能性より、QE2で終了する可能性を高く見ている」
三井住友銀行、市場営業統括部のチーフエコノミスト・山下えつ子
http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPJAPAN-18777720101224?sp=true

「ユーロは短期的に下落リスクが高いが、スペインへのソブリン危機波及はEUが政治的に阻止するとみている。ユーロ圏周縁国の危機は収束するだろう」(バークレイズ銀行、山本氏)
http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPJAPAN-18777720101224?sp=true

「2010年には、『ユーロ崩壊』が帰結だとする見方も多かったが、欧州では個々の国の事情や感情論を超えてユーロを継続する姿勢に変化はなく、これを見ながら市場にも耐性がでてきた。ユーロは2011年も特にドル買い戻し場面では売られやすいが、ユーロの下落がマーケットを震撼させる可能性は低いだろう」 

三井住友銀の山下氏続きを読む
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。