2014年02月12日

ゴールデン・サイクル

ゴールデン・サイクル「ゴールデン・サイクル」(黄金循環)。

景気は常に変動する。この目に見えない波を「波動」と呼び、波動の周期を発見した経済学者の名をとって分類するやり方が有名だ。短い方から「キチン」(40カ月、在庫投資)、「ジュグラー」(10年、設備投資)、「クズネッツ」(20年、建設投資)、そして最も長い「コンドラチェフ」(50年、技術革新)の波という。嶋中氏によれば、日本は2013年からこの4つの波動がすべて上向きとなるゴールデン・サイクルを形成しているというのだ。明治以来では6回目の重なりとなる。米国もキチン以外の3つの循環指標が上向く「シルバー・サイクル」になっている。単純に受け取れば「日本も米国も経済は堅調」とのメッセージに読める。
posted by k at 22:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。