2014年01月05日

10大仰天予想 2014年

10大仰天予想


2014年に実現するかもしれない「10大仰天予想」をまとめた。国内外の政治経済・社会を対象に、関係者への取材などをもとに「確率は低いが、実現すれば影響が大きい」事案を取り上げた。予想では、安倍晋三政権の経済政策「アベノミクス」や米国の量的緩和の縮小などを受けて、来年も円安・株高が進行。日経平均株価が2万5000円に達する。サッカーのワールドカップでは、日本がベスト4に躍進するといった観測も飛び出した。

(1)日経平均、2万5000円
(2)政府・日銀が16年ぶり円買い介入
(3)安倍首相が衆院解散・総選挙を決断
(4)日銀、2%のインフレ目標を修正・撤回
(5)ソフトバンク、国内時価総額首位に
(6)米バブル崩壊、NYダウ1万ドル割れ
(7)中国、あらたに「二人っ子政策」導入
(8)自殺者2万人に減少も
(9)気温40度、日本各地で続出も
(10)サッカーW杯、日本がベスト4
ラベル:10大仰天予想
posted by k at 12:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。