2014年01月02日

記録的な2013年の日本株高・円安、日経平均56%・ドル/円21%上昇

記録的な2013年の日本株高・円安、

日経平均56%・ドル/円21%上昇



http://jp.reuters.com/article/domesticEquities/idJPL3N0K90AY20131230
 [東京 30日 ロイター] - 2013年は記録的な円安・株高となった。日経平均は戦後4番目と
なる56%の上昇、ドル/円も過去2番目となる21%の円安が進行した。アベノミクスへの期待を背景に
、ヘッジファンドなど海外投資家が大量の日本株買い・円売りを行ったことが直接の原動力だ。企業業績は
改善しているが、期待先行の色彩は依然強く、持続的な成長力を取り戻し、期待に沿うような「中身」を入
れることができるかが来年の課題になる。

日経平均は、年初からの上昇率が56.7%となり、戦後4番目の上昇率となった。朝鮮戦争特需にわ
いた1951年(118.3%)─52年(62.9%)、日本列島改造ブームの72年(91.9%)以
来の急伸だ。また年末は9連騰と2009年7月14─27日以来、バブル崩壊後では最長タイ記録となっ
た。

その原動力は外国人投資家の買いだ。外国人投資家の日本株買いは、東証のデータで、すでに13兆7
000億円を超える買い越しとなっており、2005年の10兆3200億円を超えて1年間としては過去
最高となる見通しだ。日本の個人投資家(約7兆円)や信託銀行経由の年金の売り(約4兆円)を吸収し、
日本株を2007年11月以来、約6年1カ月ぶりの高値水準まで押し上げた。

日本株の上昇は円安とも連動した。直接的には「ヘッジファンドによる株先物買い・円売りトレードが
大量に入った」(大手証券トレーダー)とされ、IMM通貨先物の取組では投機筋の円ショートポジション
が13万枚を超え、リーマンショック後、最大水準となっている。

ロイターデータによると、ドル/円の年初からの上昇率は30日午後3時時点で21.3%となってお
り、年間上昇率は1979年に記録した23.4%以来34年ぶりの大きさとなる可能性がある。

需給要因だけでなく、ファンダメンタルズ面でも円安を後押しする材料も増えてきているのも事実だ。
貿易赤字が定着したほか、日銀の追加緩和期待に加え、物価上昇傾向も著しい。量的緩和縮小を決め、物価
が低位で安定する米国とのコントラストも円安の背景だ。

一方、金利が低水準で推移したことも株高・円安の大きな追い風となった。日銀が4月4日に決定し、
市場で「バズーカ砲」とも言われた「量的・質的金融緩和」が需給的な効果を発揮したためだ。導入直後は
長期金利が1%に乗るなどマーケットが荒れたものの、新規国債発行の7割に相当する量を買うという圧倒
的な存在が金利を押さえ込んだ。

ただ、依然として期待感先行の株高であることは否めない。円安要因で一株利益でみた企業業績は過去
最高水準まで迫ったが、肝心の輸出数量は伸び悩んでいる。国の予算は膨張しているが「メリハリに欠け、
締まりがない」(外資系証券エコノミスト)と評価は低い。消費増税は決めたが、赤字解消にはほど遠く、
企業重視の経済対策には増税で受ける家計のダメージとのミスマッチが目立ち、景気腰折れの懸念が消えな
い。

市場関係者からは、来年も一段の株高・円安に期待が寄せられているが、「成長戦略などを通じ、期待
に中身を入れることができるかが課題となる」(水戸証券・執行役員の阿部進氏)と注文も付けられている
。「バブル崩壊以降、何度か景気回復期はあったが、いずれも裏切られてきた。経済に余裕のある今こそ、
債務問題や人口問題に取り組む必要がある」(りそな銀行・総合資金部チーフストラテジストの高梨彰氏)
との指摘は少なくない。

<2013年の相場推移>

      昨年末       今年末     騰落率 
日経平均       10395.18  16291.31  56.7%
TOPIX        859.80  1302.29  51.4%
ドル/円           86.79    105.31  21.3%
ユーロ/円       114.44    144.67  26.4%
10年円債金利    0.795     0.735 ▼0.060

*単位:日経平均は円、TOPIXはポイント、ドル/円とユーロ/円は円、10年円債金利は%・%
ポイント
*昨年末は日経平均とTOPIX、10年円債金利は12月28日、ドル/円とユーロ/円は12月3
1日。
*今年末は日経平均とTOPIX、10年円債金利は12月30日大引け、ドル/円とユーロ/円は1
2月30日午後3時時点。


(伊賀大記)

posted by k at 09:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/384147367
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。