2013年02月20日

新日本科学


新日本科学

http://nji.diary.to/search?q=2395

https://bio.nikkeibp.co.jp/article/information/20130109/165479/


新日本科学 <2395> が急騰。朝方から買い気配値を切り上げ、値幅制限いっぱいの80円ストップ高まで買い進まれている。京都大学iPS細胞研究所と「人口多能性幹細胞(iPS細胞)由来神経細胞による脳移植治療実現化に向けた安全性試験法の確立」について3年間の共同研究契約を締結したと前日に発表。これを好感した買い注文が増加した。
 京大の山中伸弥教授が世界で初めて作製に成功したiPS細胞をめぐっては病気やけがで失われた機能の回復や難病治療などに役立つとして世界的にも大きな期待を集めており、日本政府も今後10年間で総額約1100億円を投じて支援する姿勢を鮮明にしている。「全般の急上昇相場が一服し、個別の材料に反応しやすい地合いになっていることも短期資金の流入を促している」(市場筋)という声も聞かれている。(H.K) 
http://market.radionikkei.jp/market/meigara/entry-226807.html

京都大学iPS 細胞研究所との共同研究に関するお知らせ
‐iPS 細胞を用いたパーキンソン病再生医療のための安全性研究−
http://www.snbl.co.jp/pdf/ir/release130213.pdf

13日、新日本科学 <2395> が、ノーベル医学・生理学賞を受賞した山中伸弥教授が所長を務める京都大学iPS細胞研究所と3年間の共同研究契約を結んだと発表したことが買い材料。

 同社は同研究所と組んで、iPS細胞由来の神経細胞による脳移植治療実現化に向けた安全性試験法の確立を目指す。具体的にはパーキンソン病治療の実現に向けた研究で、同社の動物試験などのノウハウを提供し、パーキンソン病治療法の開発スピードを上げるのが狙い。

 また、ニーズの高まりが予想される細胞医療の安全性評価分野におけるエキスパート人材の養成を進めるとともに、今後はiPS細胞を用いた細胞治療の研究に関する非臨床試験の受託事業にも積極的に参加していく方針も示した。

 iPS細胞研究の第一人者が率いる研究所と共同研究を進めるとあって、将来的な業績への貢献に期待する買いが殺到した。株価は80円ストップ高の403円で寄り付いた。
(「株探」編集部)
http://kabutan.jp/news/marketnews/?b=n201302140024


当社は、平成19年6月に「地熱発電の取り組みに関するお知らせ」において、当社が保有する『メディポリス指宿』(鹿児島県指宿市)の敷地内で地熱発電の事業化に向けた調査・検討を行う旨のお知らせをいたしました。その後、調査の結果、十分な熱量を有する地熱貯留層が存在することが確認されたため、発電事業を目的とした子会社(株式会社メディポリスエナジー)を設立、当該子会社によって、地熱発電の事業性について検討してまいりました。
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/pressrelease/20121203/164761/

『日経バイオテク』
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/information/20130109/165479/


医薬品開発支援の新日本科学は地熱発電事業に参入する。鹿児島県指宿市に施設を建設し、2014年9月に発電を始める。年間900万キロワット時を九州電力に販売する計画だ。15年3月期の事業売上高は約1億円、16年3月期以降は同3億6000万円以上を見込む。
 新日本科学が昨年9月に設立した全額出資子会社、メディポリスエナジー(指宿市、本田知章社長)が、新日本科学が所有するメディポリス指宿(指宿市)の敷地内に地熱発電施設を建設する。総工費は約12億円。建設はJFEエンジニアリングと九電工が担当する。
 発電施設では、地下1500メートルの地熱貯留層に届く井戸から約210〜220度の熱水と蒸気を取り出す。その熱で沸点の低い液体のペンタンを沸騰させ、発電機につないだタービンを回す。蒸気の温度は約90度まで下がり熱水になるので、別の井戸から地下1200メートルに戻す。発電した電気は変電設備を経て、九州電力の送電網に流す。
 蒸気・熱水をくみ上げる井戸と熱水を戻す井戸は、07年から5年間、新日本科学が西日本技術開発と九電工とともに実施した新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)の委託事業を通じてすでに設置してある。
 施設で使用する電力をすべてまかなった上で、一般家庭2500世帯分に相当する約900万キロワット時が販売できるという。設備投資費は15年間で償却する。設備のメンテナンス費用や、取り出せる蒸気の量が年々減るリスクなどを考慮しても、15年間の平均経常利益率として10%以上が確保できる見込みだ。
日経産業新聞



http://www.snbl.co.jp/med00.html
タグ:新日本科学
posted by k at 10:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 個別企業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/324082439
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。