2013年01月10日

塾 教育関連株 銘柄・孫の教育資金非課税検討

孫の教育資金非課税検討

http://nji.diary.to/archives/7673813.html


http://www.google.co.jp/search?q=%E5%AD%A6%E7%BF%92%E5%A1%BE%E9%96%A2%E9%80%A3%E9%8A%98%E6%9F%84&oq=%E5%AD%A6%E7%BF%92%E5%A1%BE%E9%96%A2%E9%80%A3%E9%8A%98%E6%9F%84&sugexp=chrome,mod=10&sourceid=chrome&ie=UTF-8

9日の東京株式市場で学習塾関連銘柄がそろって急騰した。学研ホールディングスや 
東京個別指導学院などが前日比3割前後の上昇。政府が実施する減税措置で、祖父母が 
孫に渡す教育資金は贈与税を非課税にする方針が伝わり、塾業界に追い風となるという 
思惑が広がった。 

減税措置は2013年度税制改正で期限つきで実施される見込み。現行案では、数年後の 
支出に備えて教育資金をまとめて孫に渡した場合、1500万円などの上限までは贈与税が 
かからなくなる。現在は年間110万円より多くなると贈与税の対象。非課税となる 
金額を拡大することで高齢者の保有資産を現役世代に移すのが狙いだ。 

学研HDは34%、東京個別は30%上昇するなど、東証1部の値上がり率ランキングの 
上位5社を教育関連が占めた。リソー教育も17%高と買われた。教育関連の上場銘柄は 
少なく、個人投資家などによる物色が塾に集中した面があるようだ。 

ドイツ証券の大谷洋司アナリストは「より高額な個別指導など塾にかける費用が増える」 
と指摘する。 

実際、お金に余裕のある祖父母が、孫の塾代を肩代わりするケースは多いという。 
早稲田アカデミーの河野陽子取締役は、贈与税の軽減措置により「通常のコースに 
補習授業を追加したり、より低学年の段階で入塾させたりする親も出てくる」と期待を 
寄せる。 

http://www.nikkei.com/article/DGXNZO50440080Z00C13A1DT0000/ 

◎関連スレ 
【経済政策】祖父母から孫への教育資金一括贈与は1人最大1500万円まで非課税に--政府の緊急経済対策 [01/09] 
http://anago.2ch.net/test/read.cgi/bizplus/1357707643/ 
http://anago.2ch.net/test/read.cgi/bizplus/1357742832/


 学習塾関連銘柄が後場急伸している。東京個別指導学院(4745)が後場ストップ高買い気配。このほか学研ホールディングス(9470)、進学会(9760)、秀英予備校(4678)、リソー教育(4714)が急伸し東証1部の値上がり率ベストテン入りしている。

 複数のメディアが、政府、自民党が検討している緊急経済対策の税制分野の全容が明らかかになり、祖父母が孫などに教育資金をまとめて贈与した場合、贈与税の一定額を非課税にする減税措置を創設する、などと報じたことが買い手掛かり材料となっているようだ。非課税とする贈与額の上限は1千万〜1500万円とする方向で調整している、としている。

[ 株式ネット新聞 ] 提供:株式会社スリーアイ

http://minkabu.jp/stock/4745/news/449682

  1月9日(ブルームバーグ):東京株式相場は3日ぶりに反発。為替の円安方向への反転を受け、機械や自動車など輸出関連株が買われ、過熱感がやや解消される中、直近の調整色が強まっていた証券や不動産株も出直った。教育資金の贈与税減税観測で、学習塾をはじめとした教育関連銘柄は東証1部、新興市場で軒並み急騰した。

http://www.bloomberg.co.jp/news/123-MGBWS40UQVI901.html

きょうの取引でも材料銘柄が人気化し、学研ホールディングス やTAC、東京個別指導学院、秀英予備校、進学会など学習塾、教育関連株が軒並みストップ高。共同通信はこの日、政府と自民党が検討する緊急経済対策の税制分野で、祖父母が孫に教育資金を贈与した場合、一定額まで非課税にする減税措置を創設すると報道。今後の生徒数増加などを見込む買いが膨らんだ。
http://www.bloomberg.co.jp/news/123-MGBWS40UQVI901.html

9日後場は、孫の教育資金を一定割合で贈与税の対象外にする方針などが昼のニュースで伝えられ、学習塾・資格取得関連銘柄にストップ高が続出。学研ホールディングス <9470> は33.8%ストップ高、法律・会計の資格取得のTAC <4319> も33.3%ストップ高。

東証1部の値上がり率1位は学研ホールディングス <9470> の33.8%ストップ高、2位はTAC <4319> の33.3%ストップ高、3位は東京個別指導学院 <4745> の29.6%ストップ高、4位は秀英予備校 <4678> の26.9%ストップ高、5位も進学会 <9760> の26.8%ストップ高。
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2013&d=0109&f=business_0109_102.shtml

http://www.twin.ne.jp/~shenlon/kabu/kanren/index_031.html

http://nji.diary.to/archives/7673813.html

4645 市進 HD 
銘柄診断

4668 明光ネットワークジャパン 
銘柄診断

4678 秀英予備校 
銘柄診断

4705 クリップコーポレーション 
銘柄診断

4714 リソー教育 
銘柄診断

4718 早稲田アカデミー 
銘柄診断

4720 城南進学研究社 
銘柄診断

4735 京進 
銘柄診断

4745 東京個別指導学院 
銘柄診断

9696 ウィザス 
銘柄診断

9733 ナガセ 
銘柄診断

9760 進学会 
銘柄診断

9769 学究社 
銘柄診断

9778 昴 
銘柄診断

9783 ベネッセ HD 
銘柄診断

9795 ステップ 
銘柄診断

http://nji.diary.to/archives/7673813.html 

http://www.asset-alive.com/thema/thema.php?tid=753



posted by k at 01:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 株 金融 証券 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。