2012年03月06日

セラーテム ついに逮捕



ちょっと残念。


 大証ジャスダック上場のソフトウエア会社「セラーテムテクノロジー」(東京都中央区)が、中国企業の買収名目で行った増資が架空だった疑いが強まったとして、東京地検特捜部は六日、金融商品取引法違反(偽計)の疑いで同社社長池田修容疑者(38)ら三人を逮捕した。


 ほかに逮捕されたのは、元取締役兼最高財務責任者の宮永浩明(46)、取締役藤本秀一(41)の両容疑者。

 逮捕容疑では、三人は二〇〇九年十一月、低迷していたセラーテムの株価を上昇させる目的で、中国・北京のソフトウエア会社「北京誠信能環科技」を買収すると発表。買収資金の十五億円は、英領バージン諸島のファンドを引受先とする第三者割当増資で調達し、同年十二月に子会社化したとしていたが、いずれも虚偽だったとされる。

 株価は買収発表後に上昇し、子会社化の公表時には三倍近くにまで上がっていた。

 増資は実際には行われず、北京誠信はセラーテムの発行済み株式の過半数を取得するなどして実質的に支配。特捜部は、株価のつり上げを狙うセラーテムと、間接的に上場を果たす「裏口上場」を目的とする北京誠信の思惑が一致し、架空増資を行ったとみている。

 証券取引等監視委員会が昨年、同社を強制調査し、資金の流れなどを調べていた。

 

http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/news/CK2012030602000177.html

 

ジャスダック上場の情報処理サービス会社「セラーテムテクノロジー」(東京都中央区)が、虚偽の中国企業買収を公表した疑いが強まったとして、東京地検特捜部は6日、金融商品取引法違反(偽計)容疑で、社長池田修(38)、元取締役宮永浩明(46)、取締役藤本秀一(41)の3容疑者を逮捕した。
 証券取引等監視委員会が昨年6月に強制調査していた。特捜部は、中国企業が事実上セラーテムを買収し、上場手続きを経ずに日本の証券市場に「裏口上場」していたとみている。
 逮捕容疑によると、池田容疑者らは2009年11月、英領バージン諸島の投資ファンドを割当先とした新株発行により、総額約15億円の第三者割当増資を行い、この資金で中国・北京市のソフトウエア開発会社「北京誠信能環科技」を子会社化するという虚偽の発表をした疑い。
 この15億円は、セラーテムの資金をファンドを通じて還流させたもので、増資は架空だった。発行された新株は北京誠信側が取得しており、公表された事実とは逆に北京誠信がセラーテムを買収し、株価つり上げによって利益を得ようとしたとされる。 

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120306-00000057-jij-soci

posted by k at 14:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 事件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/255984458
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。