2012年03月05日

永本壹桂


なんか知らないけど、
逮捕状が出たって週刊誌に乗ってたね

短期の証券担保金融では右に出る者がない大物の永本壹桂

永本壹桂こと永本悠人こと永本勇次こと孫一柱ことソン・イルジュ@「神商」に逮捕状



暴力団関係者とは、山口組系2代目古川組の企業舎弟、永本壹桂が実質上支配
している「神商」(東京・世田谷区)とされる。

永本壹桂とは、本名=ソン・イルジュ。
「朝鮮大学校」(東京・小平市)卒業という経歴で「北朝鮮籍」だったが、
いつの間にか国籍を「韓国」に変えているそうです。
外国人登録原票によれば、永本は1949年3月生まれ。
「神商」、「エス・エヌ・プロジェクト」といった会社を支配しているそうです。

ロック歌手の内田裕也が、毎年11月に開く誕生パーティーは、盛り沢山な演出と
華やかな出席者で知られているが、その主宰者が永本氏といわれ、出席者の
ジョー山中、白竜、シーナ&ロケッツ、野村克也、張本勲、江本孟紀、佐々木主浩、
青木功、アントニオ猪木、朝青龍などは、永本氏人脈とされる。

http://hiritog.blog111.fc2.com/blog-entry-370.html

『週刊文春』指摘の朝青龍「誕生パーティ」、主催者は山口組系2代目古川組・企業舎弟の永本壹桂




大物金融屋として知られる永本壹桂氏には二つの顔がある。
 ひとつは上場企業の資本調達に暗躍、「最後の出し手」として登場、荒稼ぎする「資本のハイエナ」としての顔である。
 上場企業とはいえ、金融機関から見捨てられ、増資でしか生きられない企業に資金を投じるのだからリスクは高い。そこに永本氏は度胸よく出資、代わりに高利を得る。その過程には、株価操縦、金融商品取引法違反、インサイダー取引などの疑惑が生じることが多く、永本氏は常に捜査当局にマークされている

■山口組系2代目古川組企業舎弟・永本壹桂の主要関係会社2社(神商、エス・エヌ・プロジェクト)に対して、RCCがおこなっていた「不当利得返還請求訴訟」。その判決が5月27日に下された(東京地裁民事33部、田口治美裁判官)。

永本壹桂は、東京アウトローズによると、

超高利の証券担保金融などを得意にしているが、インデックス所有の学研株やサハダイヤモンド所有の田崎真珠株などの流出事件、さらにはトランスデジタルの手形・小切手乱発事件にも関与。

永本壹桂さん

最近、よく聞く株の世界の大物です。

仕手筋とはちょっとニュアンスの異なるお方のようです。



歌舞伎町ビル火災事件のオーナーとして責任を追及されている瀬川重雄、短期の証券担保金融では右に出る者がない大物の永本壹桂

経営破綻した中堅ゼネコン「井上工業」(群馬県高崎市)を巡る架空増資事件で、警視庁組織犯罪対策3課は20日、架空増資に関わった金融ブローカーらに無登録で計7億3000万円を貸したとして、コンサルタント会社「神商」社長で韓国籍の金武雄容疑者(60)ら3人を貸金業法違反(無登録)容疑で逮捕した。神商は指定暴力団山口組系関係企業とされる。ジャスダックに上場していたIT関連会社「トランスデジタル」(東京都港区、破産手続き中)を巡る架空増資事件でも資金を貸し付けており、組対3課は実質的経営者の男(62)の逮捕状も取り、全容解明を目指す。
ほかに逮捕されたのは神商役員、前野森幸(50)と同社社員、竹内健一(35)の両容疑者。組対3課は法人としての神商も同容疑で書類送検する方針。
ラベル:永本壹桂
posted by k at 21:47| Comment(0) | TrackBack(2) | 事件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

永本壹柱
Excerpt: 永本壹柱 逮捕 http://keizaikeizai.seesaa.net/article/255863798.html 永本壹桂さん最近、よく聞く株の世界の大物です。 仕手筋とはちょっと..
Weblog: ■首都圏在住のマンションヲタクに捧げるブログ■
Tracked: 2012-03-10 23:57

安倍さんと、永本壹桂
Excerpt: アベちゃんとイッチューさん、 お友達なんだ? ま、政治家だから、写真撮影は誰とでも応じるだろうけどね。 http://keizaikeizai.seesaa.net/article/255863..
Weblog: ◆極秘株情報 裏経済 FX 裏話 インサイダー情報 マル秘事件 裏情報 裏事情◆
Tracked: 2012-10-15 16:22
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。