2012年02月12日

リーマン破綻の真相

http://koramu2.blog59.fc2.com/blog-entry-235.html


http://www.straitstimes.com/Breaking%2BNews/Money/Story/STIStory_286215.html SEOUL - SOUTH Korea's government and financial regulatory agency will meet the heads of local banks on Monday to discuss a foreign currency funding squeeze, a finance ministry said on Sunday. 

韓国政府、金融規制当局と地元銀行頭取たちは月曜朝7時半に、資金調達難に関して会合を開くことになったと韓国金融大臣カンマンスは日曜日、述べた。会合の主題はドル調達難であると政府官僚は電話で答えた。 

韓国は現在、ウォン安が異常に進んで深刻なドル不足に陥っており、償還期限を迎えた国債の支払いも厳しい状況だ。米国発の世界金融危機のせいで、無関係の韓国も気の毒な巻き添えを食らったのか?と思いきや、実はアメリカの投資銀行及び証券会社であるリーマンブラザーズの倒産に起因する世界金融危機は、実は韓国が引き金を引いたものだった。 

(参考資料)
AAで分かる韓国経済 前編 
AAで分かる韓国経済 中編(←リーマン登場は中編から

AAで分かる韓国経済 後編 

事の始まりは、韓国産業銀行(KDB)が、折から経営の悪化していたリーマンブラザーズへの救済案を切り出したことから始まる... 

9月3日、韓国政府筋の銀行であるKDBが、リーマンブラザーズの株式の25%取得を提案。折しもサブプライムローン問題が表面化し、特にリスクの高い投資を行って資金繰りが悪化していたリーマンブラザーズにとってこの提案は魅力的であった。 

http://www.afpbb.com/article/economy/2513266/3286225 

「仕方ないな。倒産させたらやばい会社だし、アメリカ政府としては直接助けるといろいろ叩かれるし、しばらく韓国を様子見してやろう」 

日本人は意外に思うかもしれないが、サブプライム問題で疲弊していたアメリカ政府は韓国の提案を好意的にとらえ、韓国に対してもっている債券などの回収に手心を加えるといった措置をとった。(実際にとった行動はやや異なったが、結果的にそういう効果をもたらした)

このおかげで韓国は、9月上旬の短期外債の償還期限を何とかやりすごせたとも言われている
。 

ところが

「条件が折り合わないので買収やめるお。モーゲージ債も全部売るお!! リーマンはそっちでなんとかするがいいお!!」

9月上旬に償還期限を控えていた短期外債を乗り切ったのとほぼ同時期に、韓国政府は手のひらを返すように交渉を打ち切った。さらに同時期、韓国政府は大量に購入していたリーマン発行の債券の全てを、9月の外債返還のために売却(リスクは高いが利率は高いので大量に所持していた)

追い詰められたリーマン、韓国政府系銀行との資本増強交渉が不調に終わる 

この一連の行為は図らずも、キムチ弾頭を装填した大陸間弾道ミサイルとなってアメリカに炸裂した。


「先生助けて! うちのリーマンブラザーズが息をしていないの!!」 

アメリカ市場はパニックに陥り、債券市場は数分で対円レートで数円(数パーセント)を上下した。 

一説によればリーマン買収提案は9月上旬に償還期限を控えていた韓国債券の支払いのため、新しく発行する国債の格上げを狙った売名行為として行なわれたという。この説によれば韓国は、初めからリーマンを救済するつもりはなかった。 

http://sankei.jp.msn.com/world/america/080912/amr0809120827005-n1.htm 

この数日後、財務状況が火の車になっていたリーマンブラザーズは破綻した。 

補足説明。韓国がリーマン買収提案をしていなければ、リーマンは他の金融機関や国などに必死に泣きつくなどの対応もあった。実際に日本への身売りという選択も水面下では考えられていたらしい。また、韓国が提案を翻したとき、アメリカの財務長官は「リーマンブラザーズへの買収提案をした韓国に配慮して、債券回収などを待ってやったのに、その見返りがこれか」というような主旨の発言をした。 


2008年9月中旬、韓国は短期外債の償還をどうにか持ちこたえた。(俗に言う9月危機) 

しかし、怒り心頭なのはアメリカである。 

「キレちまったよ……久しぶりに……」 

ここで補足すると、債券の安全度の判定はアメリカにある格付け会社が行っている。この格付けが下げられると投資は危険とみなされ、元本に対する利率を上げないと債権は売れなくなる。 

つまり格付け会社の鼻息ひとつで、韓国経済は吹っ飛ぶ。 

そのせいかどうかは分からないが、9月25日に韓国輸出入銀行がソブリン債を起債しようとしたが、利率面が折り合わず見送りとなっている。 

http://jp.reuters.com/article/businessNews/idJPJAPAN-31489620080424 

起債額はわずか285億円程度。経済規模が世界20位程度にある国が発行する額としては鼻くそとは言わぬまでも小額である(日銀砲に使った額を基準に考えれば、30分ももたない)。それが高額の利息がなければ買わないとつき返された。(ソブリン債全体の発行額は10億ドル。しかし売れなかった。うち285億円分を日本に持ち込んだがコレすら売れなかった)

ここにきて、韓国に長期のまともな投資をする国はなくなったといってよい。 

さらに補足させていただくと、リーマンの買収を名乗り出た野村HDは韓国事業部以外の事業を買収すると発表した。もはや世界の韓国離れは明らかである。 

http://www.bloomberg.com/apps/news?pid=infoseek_jp&sid=au6XWVc0XxVA 

しかも、韓国は現在、かつてブラックマンデーで日本以外のアジア諸国をIMF入りさせた禿鷹ファンドの攻勢にさらされていて、ウォンの対ドル価値は、一ドル=1300ウォン(2008年10月8日現在)を突破して、更にウォン安が進みそうな勢いだ。韓国銀行のドルは既に枯渇してしまい、もはや介入も難しい状況のように見える。外債(外国向けの韓国債、簡単に言えば外国からの借金)の利息や償還はドル建てなので、韓国が破産しないためにはドルが必要なのだが、ウォン安が進めば進むほど、ウォンでドルを買うことが難しくなっていく。

今現在の韓国は、年利10パーセント以上という高利の短期債券でようやくキャッシュをまわしている状態。ちなみに日本の国債の利率は長期国債ですら年利2%以下である。それでも飛ぶように売れる。売れすぎて利率がさらに下がっている。投資先としての韓国は、既に信用が地に堕ちた状態であり、いずれ、キャッシュがまわし切れなくなった時、韓国経済に破局が訪れる可能性は非常に高いと言えるだろう。 

民主党や反日マスコミが、やたらと解散、解散騒いでいるので、何か裏があるように思っていたが、どうも本当に韓国経済が破綻しそうなので、日本に居座っている反日朝鮮勢力は、今度の衆議院選挙で韓国マンセーの民主党に政権を取らせて、日本人の血税で韓国を救済したいらしい。彼らに牛耳られているマスコミは、ろくなソースもないのに架空の解散日程を狂ったように吹聴している。就任以来、麻生総理の口からは、一言も具体的な解散の日程など出たことも無いのに、マスコミがひねり出した勝手な日付だけが一人歩きをしている状態だ。朝鮮民族の母国である韓国がアメリカを怒らせ、世界恐慌を引き起こしたとなれば、さすがに悠長なことも言ってられず、なりふり構わず工作しているのだと思われる。

はっきりいって、本気でアメリカの国際金融資本を怒らせてしまったのであれば、韓国の命運もこれまでだと思う。韓国経済が破綻して、前代未聞の二度目のIMF管理下ということになれば、韓国国民の資産の差し押さえも考えられ、その韓国国民の中には日本にいる在日韓国人も含まれる。パチンコ産業を牛耳る彼らの資産は、韓国を蘇生させるのには十分な額だと思われるが、さて一体どうなるのだろうか?今後の展開に注目したいと思う。

中国:2000億ドル規模の米国債、新たに引き受けか 

朝鮮民族の人々にとっては残念なことだが、日本の民主党やマスコミがいくら頑張っても、米中の間で米国債の引き受けと、朝鮮半島占領の黙認のバーター取引が既に成立してしまった可能性もある。北朝鮮では金正日が倒れて安否不明の状態だし、この上、韓国も弱体化して倒れてくれれば、アジアに覇権を唱えたい中国にとっては願ったり叶ったりだろう。韓国に裏切られたアメリカが韓国を本気で助けるはずもなく、アメリカにとっても悪くない話である。人民解放軍を主体とする国連軍の朝鮮半島への駐留、もしくは人民解放軍による朝鮮半島の占領というようなニュースが、近い将来、ひょっとしたら見られるかもしれない。


2008年10月16日 追記

317 名前: 素振り名人(神奈川県) [age] 投稿日: 2008/10/16(木) 19:39:39.18 ID:CkvVCTna 

野村証券に早速出社してきたリーマン社日本語通訳士の話では、破綻寸前に韓国資本が全面的にバックアップ(短期に限る融資)する予定で会社対政府で話が付いていたそうな。 それをブッシュライスも確認した後、危機を乗り切ったとたん話はチャラに。 

一番切れたのはアーミテージ(在韓米軍で苦労されてきた)ライス。藪は笑っていたそうだ。ゴールドマンサックスは韓国から全面撤退。GS社員はライバルがいなくなったのと有能人材が補充できたこと、韓国の実態が全世界に配信されてザマミロ状態。でも各国で韓国の裏切り行為による世界恐慌を報道しているのに、日本のマスコミではスルーなのは何故?って不思議がっている。 

全世界的に韓国の裏切りは報道されているらしいよ。 実際各国のコリアンタウンは警戒態勢を引いているようだし。それすら報道しないって・・・ 



米リーマン、韓国産業銀行が最大60億ドル出資も=英紙 (2008年 09月 1日) 
http://jp.reuters.com/article/marketsNews/idJPnTK824767520080901 

韓国産業銀行、米リーマンへの出資交渉を断念 (2008年09月10日) 
http://www.afpbb.com/article/economy/2515509/3316487 

産業銀、リーマン買収合戦で脚光 朝鮮日報 (2008年09月10日) 
http://www.chosunonline.com/article/20080910000068 

韓国産業銀行のミン・ユソン銀行長 リーマンの破綻について語る 
ameblo.jp/epachinko/entry-10140193283.html 

産業銀のリーマン買収、交渉決裂の背景(上) 
www.chosunonline.com/article/20080930000034 

産業銀のリーマン買収、交渉決裂の背景(中) 
www.chosunonline.com/article/20080930000035 

産業銀のリーマン買収、交渉決裂の背景(下) 
www.chosunonline.com/article/20080930000036 

韓国・産業銀行、リーマン株に670円提示 
http://blog.livedoor.jp/rasyuo/archives/65144405.html 

リーマン破綻の真相は法則発動だったのですね。


株式市場が急反落、リーマンは45%安〜韓国産業銀行(KDB)との出資協議打ち切り報道がきっかけ[09/10] 
http://gimpo.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1221000397/ 
http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPJAPAN-33669020080909 

米リーマンブラザーズの経営権取得報道に当事者「韓国産業銀行」が「知らない」 マーケットは大混乱。 
http://fxday.livedoor.biz/archives/51496918.html

2008.10.26 Sun 14:03  

民主や創価の目的は多分これ。 
http://www.nicovideo.jp/watch/sm3905516 

リーマンを潰すと決めたのはアメリカ政府だし、たとえKDBが買収したところでリーマンを支える資金は有りません。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/251875600
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。