2012年01月27日

アイフォーン5! 来たぁあっぁぁああああ!


一回り大きく、
ディスプレイは4インチか。

たまんねっす。

http://sankei.jp.msn.com/wired/news/120127/wir12012712070000-n1.htm

 

米Apple社は、次の『iPhone』を今年の夏にリリースする可能性がある、という報道が行われている。これまでiPhoneは、たいてい6月に発売されてきた(『iPhone 4S』は慣例を破って2011年10月に発売されたが)。

 Apple社関連ニュースを扱う『9to5Mac』は、台湾のデバイス・メーカーFoxconn Technology Group(富士康)社の情報筋の話として、次のiPhoneが現在、生産準備の段階にあり、少しずつ異なる数台のサンプルが工場の周辺に出回っていると報じている

 この情報筋によると、『iPhone 5』の候補機には、4インチ以上のディスプレイ、外寸が縦も横も大きくなった対称形のデザイン、『iPhone 4』やiPhone 4Sと異なるフォルムなど、いくつかの共通点があるという。

 9to5Macの噂には当たり外れがある。iPhone 4S発表の直前には、音声によるバーチャル・アシスタント機能(日本語版記事)を搭載と報じてこれを当てたのだが、『Siri』という名称など、詳細についてはいくつか間違いがあった。また、9to5Macは4S発売の前に、背部がフラットな金属製になるという報道も行っていた

 『Daring Fireball』のジョン・グルーバーは、iPhone 5が「縦も横も大きくなる」という件には否定的だ。外寸は同じサイズでディスプレイだけ大きくするほうが可能性が高いというのだ。

 私も同意見だ。これまでテストした携帯電話の中で、iPhoneの現行のフォームファクタと画面サイズは、私の手に最も自然にフィットする(『Nokia Lumia』シリーズなど、匹敵するものはほかにもあるが)。Apple社がサイズの大きなiPhoneを作る可能性を完全に排除するわけではないが、iPhone 4やiPhone 4Sと同じサイズのデバイス上で、縁の近くまでディスプレイが広がるというほうが可能性は高いのではないだろうか。

 いずれにしろ真実は、6月、10月、あるいはいつであっても、新しいiPhoneが出た時に判明するわけだ。Apple社が、われわれにあれこれ推測させるのが好きということだけは確かなようだ。

 

TEXT BY Christina Bonnington
TRANSLATION BY ガリレオ -緒方 亮

 

 

http://sankei.jp.msn.com/wired/news/120127/wir12012712070000-n1.htm

posted by k at 16:44| Comment(0) | TrackBack(0) | IT 情報通信 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。