2012年01月09日

オリンパス 上場維持


東証が発表したわけじゃないのに、
この上場維持確定ムードはナニ???


東京証券取引所が、損失隠しの発覚したオリンパス(7733.T: 株価ニュースレポート)株式の上場を維持し「特設注意市場銘柄」に指定する方向で調整している。複数の関係筋が9日、明らかにした。月内にも最終決定し、公表する。指定期間中の売買は、通常通りできる。

東証は、オリンパスが12月に過去の財務情報についての訂正報告書を提出したことを受け、上場維持・廃止の審査を進めていた。訂正後にもオリンパスは債務超過に陥っておらず、上場廃止基準に抵触していなかったことや、既存株主への影響などを勘案し、上場維持が適当と判断しているもようだ。

ただ、複数の元経営者が不当な目的で共謀して損失隠しを実行したほか、業務執行を監督・監査する取締役会や監査役会が有効に機能していなかったことを重要視しており、上場維持としても、内部管理体制の改善を求める特設注意市場銘柄に指定する見通しだ。

指定解除には実質的に新規上場と同程度の審査を経る必要があり、3年内に改善しなければ上場廃止となる。また東証は、1000万円の「上場契約違約金」の支払いも求める方向。

過去に虚偽記載で上場廃止に追い込まれた主な事例では、西武鉄道が株主数、カネボウが債務超過の面で、それぞれ訂正後に上場廃止基準に抵触し「そもそも上場できない状態だった」(東証筋)のに対し、オリンパスは訂正後の財務情報で債務超過はなく、上場廃止基準に抵触していなかった。

一方、特設注意市場銘柄には、過去に売り上げの過大計上などをしながら増資したIHIなどが指定され、上場廃止をまぬかれた。オリンパスは市場のかく乱要因となる虚偽記載に基づく公募増資をしておらず、過去の事例とのバランスの観点からも、上場廃止ではなく特設注意市場銘柄への指定にとどめる判断に傾いたとみられる。

http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPTYE80801L20120109



posted by k at 23:25| Comment(2) | TrackBack(0) | 個別企業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
個人的にはここは上場廃止になってもらいたいです。
管理人さんから見ると、自分はあさましい人間って思われるのでしょうが、個人的には全く不正に対して怒りとか憎しみっていう感情はないのです。
たんに株を安く仕込んで高く売りたいっていう心理がそうさせてるのです。
しかし、460円台っていうのはちょっと今後は難しいので、仕込めなかった自分に後悔の念が嫌なのです。
このまま消えてくれらば、何のわだかまりもないからです。
勝手で、幼稚な意見で申し訳ありません。
Posted by ズー・二ー・高木ブー at 2012年01月11日 12:34
ズー・二ー・高木ブーさん

たしかにそうですね。

私も散々売買しましたが、
安いカイ玉を今、含み益で持っていない状態では、
自分にとっては維持でも廃止でもどっちでもいいですね。

マーケットが賑わうって意味では維持賛成ではあります。

またチャンス、あるでしょう。
ズー・二ー・高木ブーさん。

不祥事企業は今後もたくさんでるのでは?
さっそくカカクコムとかも不祥事出てましたしね。
Posted by K at 2012年01月11日 16:03
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。