2011年11月27日

トヨタとBMWの提携


トヨタ・BMW提携交渉:背景にエコカー開発の競争激化



http://mainichi.jp/select/biz/news/20111127k0000m020129000c.html

トヨタ・BMW提携交渉:背景にエコカー開発の競争激化


自動車業界の環境技術をめぐる提携関係
自動車業界の環境技術をめぐる提携関係

 トヨタ自動車とドイツのBMWが環境・低燃費分野での提携交渉を始めた背景には、世界的な燃費・環境規制の強化によるエコカー開発の競争激化がある。自動車業界では、環境技術やエコカーを軸にしたメーカーの国境を越えた合従連衡が今後も進む可能性がある。

 両社の提携交渉では、トヨタが得意のハイブリッド車(HV)技術をBMWに供与する一方、BMWは低燃費ディーゼルエンジンをトヨタに供給することが検討されている。両社ともエコカーのラインアップを充実させるのが狙いだ。トヨタは新興国市場をにらみ、研究開発や設備投資に重点を置く構えだ。

 トヨタはHVをエコカーの主軸として開発、販売に力を入れてきた。開発コスト抑制のため、他社への技術供与や共同開発も進めてきた。昨年はマツダへのHV技術供与で合意。今年8月には米フォードとの小型トラック向けHV技術の共同開発を決めた。BMWへのHV技術供与が実現すれば、量産効果でHV関連の部品やシステムのコスト削減が期待できる。

 トヨタがBMWからの調達を検討しているディーゼルエンジンは、二酸化炭素(CO2)排出量が少なく、欧州ではエコカーとして普及している。トヨタは欧州での販売シェアが低迷しており、環境性能に優れたBMWエンジンを搭載して、欧州向け車両の人気を高めたい考えだ。

 原油価格の上昇で、エコカー需要は新興国でも高まっており、日産自動車は仏ルノー、独ダイムラーと電気自動車(EV)の共同開発を進めている。【工藤昭久、丸山進】

 

http://mainichi.jp/select/biz/news/20111127k0000m020129000c.html

posted by k at 07:38| Comment(0) | TrackBack(1) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/237249545
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

■7203 トヨタ ◆BMWと提携
Excerpt: BMWと提携http://keizaikeizai.seesaa.net/article/237249545.html11/22タイ工場再開11/21円高対策を本格化 米ミシシッピ工場稼働、日本からの..
Weblog: ◆新興市場・テーマ株・関連銘柄・急騰株・銘柄リスト・IPO株式攻略◆
Tracked: 2011-11-27 07:43
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。