2011年05月02日

ボランティア ツアー

ツアーってのはどうかと思うが、
ボランティアって結構、ムツカシイんだよね。
単独行動では。

善意があれば、やみくもにできるもんじゃない。

コツがわかって、才能があって、カネがないとね。
なかなかムツカシイものなんだよ。29日からゴールデンウイーク(GW)が始まった。休みを利用して東日本大震災の被災地へボランティアツアーに出向く人もおり、旅行会社が企画したバスツアーは応募が殺到し満員状態だ。直接のボランティアは難しくとも、東北の観光地を訪れることも復興の手助けになる。震災の影響や風評被害に苦しむ各観光地では「ぜひ東北に来て」と熱望している。

 旅行会社「トップツアー盛岡支店」が募集した5月1日と5日に東京から出発するボランティアバスツアーは、車中2泊の4日間で参加費1万9000円。津波に襲われた岩手・野田村で泥の撤去作業をする予定で、各定員43人が2時間で満員になった。アシスタントマネジャーの吉田覚さんは「20代、30代の若い参加者が多く、GWを使い岩手まで来てくれるのは本当にありがたい。今後も宿泊施設が確保でき次第企画したい」という。

 岩手県社会福祉協議会では、5月2〜8日の大槌町への日帰りボランティアを募集した。1日定員40人で、盛岡駅前に午前6時30分までに集合するのが条件だが、告知から3時間で全て満員に。花巻市社会福祉協議会でも日帰りボランティアの募集を始め、こちらは28日の段階で空きあり。今後も各所で企画されそうだ。

 宮城県では、個人のボランティアを受け入れているところも。しかし、同県災害ボランティアセンターでは「GWは渋滞が予想される。公共の交通を利用するか、20人以上の団体でバスで来てほしい」と呼びかけている。現地のニーズにマッチすることも重要で(1)介護の資格を持つ人(2)理髪の技術を持つ人(3)学校が休みなので子供の遊び相手――などが今は特に必要とされている。

 しかし、やみくもに現地入りするのはかえって迷惑に。同センターでは「装備や水などしっかり用意してほしい」と強調。マスクや長靴のほか、脱水を防ぐ塩分補給の梅干しも持参してほしいという。「1年、2年の長期の支援が必要になる。今後も週末などに募集をするのでGWに限らず参加して」(岩手県社協)と一時的ではない参加を求めた。
http://www.sponichi.co.jp/society/news/2011/04/29/kiji/K20110429000721150.html




http://logsoku.com/thread/raicho.2ch.net/newsplus/1304051589/



http://jp.wsj.com/japanrealtime/2011/04/28/%E4%BB%8A%E5%B9%B4%E3%81%AE%E3%82%B4%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%87%E3%83%B3%E3%82%A6%E3%82%A3%E3%83%BC%E3%82%AF%E3%80%81%E3%83%9C%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%86%E3%82%A3%E3%82%A2%E3%83%84%E3%82%A2%E3%83%BC/




週末に東京からバスで被災地へ向かい、炊き出しや学校の掃除をする2泊5日のボランティアツアーへの参加申し込みが殺到している。20〜40歳代の参加者が多く、すでに5月中のツアーは満席に近い状態。6月以降も実施される予定で、販売するダイヤモンド・ビッグ社は「初心者でも現地に迷惑をかけずに参加できる。何かしたくても、方法が分からない人に申し込んでほしい」と呼びかけている。

 ツアーを企画・実施するのは、旅行会社のトップツアー。東京を金曜日の深夜に出発し、翌週の火曜日早朝に戻る2泊5日の日程。岩手県花巻市の旅館に宿泊し、津波被害に遭った同県沿岸部で、避難所の手伝いやがれきの撤去作業にあたる。5月13、20、27日にJR新宿駅前を出発するツアーは、いずれも各定員の45人が満席となる見込みという。

 旅行ガイド「地球の歩き方」を発行するダイヤモンド・ビッグ社はこれまで、発展途上国で教育支援や植林活動をするツアーを企画してきた。震災後、「被災地に行くツアーはないのか」という問い合わせが相次ぎ、トップツアーと共同で展開することになった。さらに、同県遠野市の災害ボランティアセンターの協力で、受け入れ態勢を整えた。

 代金は3万7000円で、ボランティア保険に未加入の場合は別途1000円が必要。装備などは自己負担。利益が出た場合は、すべて被災地に還元する予定だという。問い合わせはトップツアー(03・5766・0158)へ。

(2011年4月27日 読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/feature/eq2011/help/volunteer/20110427-OYT8T01105.htm?from=os4

posted by k at 22:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 震災 放射能 地震 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/198913319
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。