2009年11月24日

落ちているカネを拾え・ジム・ロジャーズ

今週のある新聞(雑誌?)で、
ジム・ロジャーズが、
素人は1000の投資チャンスがあると、
1000回投資するから負ける。

投資とは、大抵、何もしないのがいい。
道ばたにお金が落ちている相場になったら、
やればいいってような事を書いていた。

安田 佳生と違い
¥1000札は拾うな、なんて金儲けの神様は言わないんだね。ジム・ロジャーズで検索したら、
面白いブログがありました。
http://kevin67.cocolog-nifty.com/blog/

http://kevin67.cocolog-nifty.com/blog/2009/11/091122-8474.html

* 「確信が持てるまでは動くな」という鉄則も持ち、投資ではむしろ動かないことのメリットを強調する。
* 私がしでかしたミスのほとんどは、十分に理解せずに投資に動いたためものだ。
* 窓の外を眺めて、何もしなかった方が、もっと裕福になれていただろう。2、3のいいアイデアがあれば、人生では成功できるのです。
* 生涯のうち10回しか投資できないとしたら、とても慎重になる。その結果、かなりいい運用成績を残せるかもしれない。
* では、生涯のうち1000回も投資できるとしたらどうだろうか? いろんな投資に飛びつくだろう。そしてうまくいった案件があると、自分は賢いと思い始め、「投資なんて簡単だ」と、次の投資に動いて損するのだ。
* 大抵は、何もしない方がいいのだ。道ばたにお金が落ちているのをみつけ、それを拾うだけの状態になるまで待つべきだ。
* しかし、大抵の人は何もせずに待つことが嫌いだ。常にいろんなことをして、わくわくしたがる。これは投資の方法としては賢明ではない。
* 周りに惑わされず、自分独自の考えで投資に取り組むことの重要性も強調する。
* 世界を見たり、歴史や相場について学んだりしたことで、私は生来の懐疑心をよりいっそう鍛えた。人間はみな人に好かれたいから、他の人と同じように考えたがるものだ。でも歴史をみれば、みなが同じことをしていても、それが実は正しいことでなかったということは、よくあったことだ。
* 人がなんと言っているかではなく、自分自身で調べ実際に何が起きているかを見ることが重要だ。
* バーナード・バルークの言葉を好んで引用する。「麦わら帽子を買うのはいつも冬が最高だ」
http://kevin67.cocolog-nifty.com/blog/2009/11/091122-8474.html
posted by k at 12:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。