2009年11月12日

贈与税額控除

贈与税額控除は、
結果オーライというか、棚ボタというか、
後だしじゃんけんというか、
なんでも取りたがる税務署にしては、
珍しく良心的なシステム。

たとえば、被相続人死亡の一年前に、
1000万円の生前贈与を受け、
基礎控除110万円を払っていた場合、
相続財産が非課税の範囲であれば、
生前贈与の際に支払った税金が還付される。
ただし3年以内の贈与。

贈与財産を取得した時価で再計算する。


http://plaza.rakuten.co.jp/fpotasuke/diary/200903280000/


相続額が大きい時には、どうなのかな?
土地や株で生前贈与し、相続時に、値上がりした場合、
贈与時の相続財産加算だから、納税者ラッキーだが、
相続時に暴落してたら、相続してればよかったという事になる。

さすがに贈与税と相続税はW課税にはならないね。

http://plaza.rakuten.co.jp/fpotasuke/diary/200701210001/
posted by k at 22:56| Comment(0) | TrackBack(0) | FP   | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。