2009年04月08日

マンハイム指数

ケースシラー指数ほど有名じゃないが、
景気を感知する重要な指標。

中古車価格指数。

米国の中古車の卸売価格を示す「マンハイム指数」(1995年1月=100)は昨年12月の98.0を底に上昇。今年3月は106.1に達した。市場では「米国の新車販売動向の先行指標の一つ」

9年以上使用した自動車を最新の排ガス規制対応車に買い替える場合、ユーザーに2500ユーロ(約33万円)を支給するドイツでは、3月の自動車販売台数が前年同月比40%の急増を記録した。

誰が自動車株を買ったのだろうか。
市場ではヘッジファンドの買い戻し説が有力だ。値動きの軽さに着目した証券会社の自己売買部門に加え、「過度に現金比率を高めた国内外の機関投資家が、相場に乗り遅れまいと、徐々に資金を戻しつつある」

トヨタは円が対ドルで1円動くと約300億円、対ユーロでは約50億円、営業利益が変動する
posted by k at 12:14| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/117054343
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。