2009年04月03日

ETCのインチキ

セットアップやゲート通過、課金の度に、
天下り官僚が儲かる仕組みのETCを推進する、
麻生ってのホント、官僚にリモコン操作されてるな。「ETCを管理運営し、普及を推進しているのは『道路システム高度化推進機構』という財団法人です。利用者がETCを搭載するたびに“セットアップ料”として、525円が自動的に転がり込む仕組みになっている。問題は、そこが国交省役人の天下り先になっていることです。歴代の幹部が次々に理事に天下っている。現在、常勤理事5人のうち、2人が国交省出身、1人が警察庁出身です」
http://gendai.net/?m=view&g=syakai&c=020&no=39069


http://blog.livedoor.jp/hanatora53bann/archives/51357861.html
日本でETC導入が検討された時点で、既に上記のような洗練されたシステムがヨーロッパに存在していたにもかかわらず、それを敢えて無視して、あのような不細工極まりない仕組みをゴリ押しで導入したのは言うまでもなく、ETCカードの発券業務に絡む利権を某組織が手放したくなかったからだ。・・・
   ↓
調べました。
バーだけでも、莫大な利権がある。
随意契約するのは、もちろん天下り会社です。
http://report.jbaudit.go.jp/org/h18/2006-h18-0628-0.htm



道路マフィア
http://www.shinchosha.co.jp/foresight/200807/topic_04.html
実質的に切り盛りしているのは国交省OB二人を含む四人の常勤理事と警察庁OBの常勤監事一人だ。


一部の利用者だけに税金をキャッシュバックする不公平な事業で、税の使途として大きな問題があると言わざるを得ない。

【効果なし!麻生経済対策の大ペテン】
http://gendai.net/?m=view&g=syakai&c=020&no=39069

そもそも、1000円で走り放題なら、インターで徴収すれば済むこと。ETC利用者に限定する必要はまったくない。なのに麻生首相は官僚の言いなりになっているのだから、どうしようもない。こうなったら、国交省役人の天下り先を潰すためにも、高速道路は全面的に無料にすべきだ。
ラベル:ETC
posted by k at 15:37| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。